中野区、杉並区、練馬区、武蔵野市、新宿区で相続(預金の使い込み、遺産分割、遺言無効)に強い弁護士をお探しの方は、東京都中野区の「吉口総合法律事務所」にご相談ください。

相続に関する最新の解説

【お知らせ】GWの営業日について

弊所では,4月27日(土)から5月6日(月)までをお休みとさせていただきます。 お問い合わせについては,ゴールデンウイーク中も確認いたしますので,お問い合わせの方はこちらのお問い合わせフォームをお気軽にご利用ください。

相続法の改正のポイント3(配偶者居住権)

前回,前々回の相続法改正の記事では,遺言書の保管制度や遺留分に関する記事を作成しました。 今回の記事は,この度の相続法改正によって新設された配偶者居住権及び配偶者短期居住権について解説を行います。 配偶者居住権の新設と新 …

相続法改正のポイント2(遺留分制度の変更)

前回の記事では,自筆証書遺言に関する相続法改正について解説を致しました。 本稿では,平成30年相続法改正(以下「法改正」といいます。)のうち,遺留分に関する改正のポイントについて解説を行います。 遺留分とはどのような制度 …

遺留分減殺請求を受けた側が養子縁組の無効を主張するためにはどのようにしたらよいか

養子縁組をすることによって法律上の親子関係が発生し,これによって養親が死亡した時には,養子は養親を相続できることになります。 節税目的等,相続にあたって養子縁組が絡むことはよくありますので,相続紛争を解決するためには,養 …

相続法改正のポイント①(遺言書作成方法の緩和と遺言書保管法等)

相続法が,平成30年7月,実に40年ぶりに大幅に改正されるに至りました。 相続法とは,民法典のうち,被相続人の権利義務がどのように受け継がれるかなど相続の基本的ルールを規定した部分をいいます。 今後,数回に分けて,改正に …

他の相続人から遺言書の無効を理由に訴えられた場合の対処法

長年母親の面倒を看たところ、母親が自宅の土地を自分に相続する旨の内容の遺言書を書いてくれた、その後、母親は死亡し遺言書どおりに自宅の権利を自分に移そうとしたところ、遺言書の筆跡が母親のものでないことを理由に兄の弁護士から …

営業時間・情報

豊国ビル807号
TEL:03-6382-4640
9:00~21:00

不動産問題でお悩みの方は

不動産問題でお悩みの方は

離婚問題でお悩みの方は

離婚サイトの画像

対応エリア

中野区、杉並区、新宿区、練馬区、豊島区、板橋区、文京区、渋谷区、港区、中央区、千代田区、北区、世田谷区、足立区、江東区、台東区、墨田区、品川区、目黒区、荒川区、大田区、江戸川区、葛飾区
武蔵野市、三鷹市、小金井市、小平市、立川市、清瀬市、国立市、青梅市等の東京都所在の市町村
その他、埼玉県、神奈川県、千葉県等全国の都道府県からのご相談をお受けしております。
出張相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

解決事例のご紹介

東京都中野区所在の吉口総合法律事務所では,預金の使い込み,遺産分割,遺留分減殺請求,遺言無効確認訴訟等の相続案件を広く扱っており,ご依頼を多数いただいているところです。

ご依頼をいただき解決した事例は多数ございますが,そのうちの一部を解決事例として下記ページの通りご紹介しますので,ご参照ください。

https://www.bengo4.com/tokyo/a_13114/l_263640/#pro4_case

PAGETOP
Copyright © 吉口総合法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.