中野区、杉並区、練馬区、武蔵野市、新宿区で相続(預金の使い込み、遺産分割、遺言無効)に強い弁護士をお探しの方は、東京都中野区の「吉口総合法律事務所」にご相談ください。
相続に関する最新の解説
  • HOME »
  • 相続に関する最新の解説 »
  • 預貯金

タグ : 預貯金

預貯金の遺産分割対象性と判例変更(最高裁平成28年12月19日決定)

一昨日、預貯金が遺産分割の対象となるか否かとの論点について、従前の判例を変更し、預貯金は遺産分割の対象となると判断した最高裁の大法廷決定が出ました。 この決定では、結論として預貯金が遺産分割の対象となるとしましたが、どの …

遺言執行者選任のメリットと注意点

遺言書の作成のご相談を受けた際には、遺言執行者の選任の必要性について説明することがあります。 遺言執行者は、遺言書を作成するうえで必ず選任しなければいけないわけではありませんが、遺言執行者を選任することによって遺言者に様 …

相続した遺産預貯金に対する使い込み〜使途不明金とよく出る反論〜

使い込み訴訟を多く扱うと、相手側がどのような反論をするか予想することができ、この反論に対してどのような再反論をすれば良いかわかるようになります。 以下では、遺産である相続預貯金の使い込み訴訟の案件においてよくされる相手方 …

相続した遺産預貯金の使い込みで相手に資産がない場合の対処法

相続が発生し、被相続人の遺産である預貯金を確認したところ、ほとんど預貯金の残高が残っていなかった、このような場合は被相続人の財産を管理していた相続人によって、遺産である預貯金が使い込まれていた可能性があります。 遺産であ …

相続開始後の遺産調査とその方法

父又は母が亡くなったけれども、両親とは同居していなかったので財産や負債については何があるかは分からない、または、相続人の一人から遺産分割の話を持ちかけられたけれども、遺産の全容を明らかにしてくれない、若しくは、相続人から …

使い込みを疑われないためにとるべき予防措置

いつもは財産管理をしていた相続人によって相続預貯金の使い込みがされた場合に、どのような手続を選択して使い込まれた預貯金の返還請求を行うべきか、または、どのような要素があれば使い込みについての返還請求が認められやすいか等返 …

親族生前中に発覚した預貯金の使い込みへの対策

親が高齢になって財産の管理が難しくなったため、子供が財産管理をしていたところ、親の存命中にその子供が親の預金を使い込んでいたことが発覚、または、使い込みをしているのではないかと疑われることがあります。 よくある使い込みの …

遺産分割協議成立後に使い込みが発覚した場合の請求方法

預貯金の使い込みが発覚する時期ですが、預貯金の使い込みは遺産分割協議の成立前に発覚することが多いです。 なぜなら、遺産分割をするまでの間に、 遺産を調べた→預貯金の残高が減っていた→怪しいと感じたため取引履歴を調べた→多 …

相続前後における預貯金の使い込みと時効(平成31年3月加筆)

相続が開始した後預貯金の通帳を確認したところ,預貯金が使い込まれていた形跡があるということがあります。 この場合には,預貯金の使い込みをしたと疑われる相続人に対して,不当利得返還請求または不法行為に基づく損害賠償請求を行 …

預貯金のみの相続における特別受益

今日は地方出張がありましたので、帰りの電車の中で記事を書いています。 なかなかのハイペースで記事を書けていますが、これは、書ける時に書いておきたい…との考えによるものです。 さて今回は、特別受益と預貯金との関係です。 相 …

PAGETOP
Copyright © 吉口総合法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.